クロスステッチのバースレコード

以前、My Crossstitch Galleryでバースレコード(Birth Record)をご紹介しましたね。

この度、新しい作品をを刺すことになりました。

友人に来月、赤ちゃんが生まれます。

最近は、男の子なのか、女の子なのかがわかるので、早めに準備できます。

今度の赤ちゃんは3人目。女の子だそうなので、このデザインのを刺すことにしました。

Vervacoのデザインです。

今までの上の二人の赤ちゃんもVervacoのデザインでしたので、今回もVervacoにしました。

名前や生年月日は、生まれてから刺すとして、他の部分を刺していきます。

図案は、H102×W82目ですので、14ctのアイーダに刺して、25cm角の額に入れられます。

あるいはインチ額(203mm×254mm)でも良いでしょう。

想定した額の大きさよりも、上下左右の余白を5cmほど大きめに布を裁って使います。

無事に産まれてくるように、また、すくすくと元気に育つようにと願いを込めて刺し進めるのが、とても楽しみです。

 

クロスステッチの材料 品揃え ~ 越前屋

クロスステッチの材料ばかりでなく、手芸用品といえば、まず越前屋が一番だと思います。

布の品揃えは東京では一番ではないでしょうか。

また、東京駅八重洲口から近いという立地も、とても便利です。

クロスステッチの布は以前ご紹介したように、アイーダやジャバクロス、リネン、コングレスなどがありますが、特にアイーダは20ctのものまであります。

アイーダは20ctに関してはこの店でしか見たことがありません。

また、刺繍糸に関しても、DMC、Anchor、COSMO、Olympusは当たり前に豊富にありますが、その他にもOehlenschlager(デンマーク)の花糸やMaderia(ドイツ)の刺繍糸が揃っています。

この糸も、他の店で扱っているのを知りません。

クロスステッチのキットも珍しいメーカーのものがあり、ロシアのRiolis、RTOなどは他では見られません。

また、輸入雑誌、本なども充実していて、なかなか手にとって見られないものがあります。

他の刺繍の手法やレース手芸に関する材料、小物などの品揃えも豊富です。

特に日本刺繍の糸の揃えも美しくて、見るのが楽しみです。

株式会社 越前屋 (https://www.echizen-ya.co.jp/index.html

 

 

クロスステッチのフリーチャート ~ Mirabilia

アメリカにMirabilia(http://www.mirabilia.com/)というメーカーがあります。

ノラ・コルベット(Nora Corbett)というデザイナーの作品を発表しています。

作品のモーチーフは女性で、天使、貴婦人、妖精や神話の人物などです。

線の細い美しい女性たちの個性を持ったデザインが多くあります。

手法は、クロスステッチだけではなく、ビーズステッチを多く施すので、立体感や豪華さを表現されています。

図案及び材料はWichelt Import Inc.で扱っています。

このMirabiliaのホームページでもフリーチャートを提供しています。

以前より注目していたのですが、2012年以来長い間提供が無かったので、残念に思っていましたが、2016年に久々に提供がありました。

 

2007 Holiday Cherub

 

2009 Holiday Cherub

 

2012 Garland Cherub

 

これらのように、それまでは毎年11月下旬にクリスマスの天使のデザインが提供されることがほとんどでしたが、新作は少し趣の変わったデザインです。

Leilani the Hula Dancer